保湿について

保湿について

私のスキンケアにおいて、
保湿について
肌から乾燥を守るためにしていることは何といっても

 

保湿をするということなのですが、

 

これは私だけでなく日本人のほとんどの方に共通することだと思います。

 

 

日本人のほとんどが乾燥肌であるといわれており、

 

それは日本独特の気候にもよってくると思います。

 

まず乾燥といったら冬と考えますよね。

 

冬は空気も冷たく、湿度が低めでカラッとしているため、

 

お肌もかさかさと乾燥しやすいのです。

 

冬独特の季節的な乾燥のスキンケアの場合、

 

化粧水の後パックをし、美容液、乳液を塗った後に、

 

クリームでしっかり保湿の蓋をしてあげるのが理想的です。

 

さらに細かく言うと、

 

化粧水に2・3滴のフェイス用保湿オイルを混ぜて塗ってみたり、

 

化粧水の後、美容液の前にオイルを原液のまま薄く塗ってみたりと

 

いつものスキンケアにひと手間プラスをして

 

乾燥肌対策をするということが大事です。

 

そして先ほども言った通り

 

そして先ほども言った通り、

 

日本人の乾燥肌は季節にとても影響されてしまいます。

 

その為、季節にちゃんと合ったスキンケアをしないと

 

逆に乾燥肌をひどく悪化させてしまったり、

 

または別の肌トラブルを発症させてしまう原因にもなります。

 

 

そこで私が気を付けている季節ごとのスキンケア方法や

 

乾燥肌対策、こだわっている成分やスキンケアにかける

 

時間などもお話しさせて頂こうと思います。

 

冬は先ほど書いた通りなので、

 

進んで春のスキンケアを紹介いたします。

 

 

春は寒暖差が激しく、

 

夏に向かっていくとともに

 

どんどん湿度や気温が高くなるうえ、

 

季節の境目で意外と乾燥しがちな季節です。

 

 

そこで、日中気温が高くなり汗をかくことを想定して
朝の仕上げのクリームは行いません。

 

よれてメイク崩れするのを防ぐためです。

 

小春日和の爽やかな風は日中の私たちの肌を少しづつ刺激します。

 

 

そして、紫外線によるダメージや乾燥も始まるのです。

 

 

なので、寝る前の夜のスキンケアでは
保湿について
次の日また紫外線や乾燥で肌がダメージを受けることを

 

最小限にするべく、クリームを含めたスキンケアでしっかりと保湿をしています。

 

 

こうすることで寝ている間にお肌に活力を与えてあげることもできます。

 

 

私はだいたい2月〜3月中に、乾燥のための保湿と

 

紫外線による乾燥やダメージ対策として

 

保湿と美白両方を兼ね備えたスキンケアラインに

 

切り替えるようにしています。

 

 

そして私の場合、夏にガラッとスキンケア方法が変わります。

 

 

まずは化粧水の前に、ふき取り化粧水をコットンにとり、

 

優しく皮脂や汚れなどを拭き取ります。

 

 

そして、朝にパックする際は油分の低いものを使用します。

 

 

ここで油分たっぷりなものを使ってしまうと

 

日中メイクの崩れがひどくなり、

 

何度もメイク直しをすることで

 

顔に必要な油分までもなくなり、逆に乾燥肌を悪化させてしまいます。

 

 

最近では朝におすすめの「朝パック」などが種類豊富にありますので、

 

自分に合ったものを探してみるのがいいかと思います。

 

 

パックをした後はオイルなどは使用せず、

 

基本的なスキンケアをしていきます。

 

 

この時も仕上げに保湿するクリームは塗らず、

 

乳液で完了させます。

 

 

夜寝る前も同様なのですが、

 

クリームがないと乾燥してしまうという場合は

 

部分的にクリームを塗ることをお勧めします。

 

 

寝ている間に汗や皮脂が出るので、

 

ニキビや毛穴詰まりの原因になってしまう可能性があるからです。

 

 

そして、

 

季節の変わり目である秋に乾燥が始まった際、

 

夏に必要以上に保湿を与え続けてしまうと肌が怠け、

 

自ら潤いを保とうとする働きをやめてしまうのです。

 

 

これはどのシーズンにも共通することですが、

 

夏は四季の中で一番潤いを保てる時期でもあるので、

 

ここで与えすぎてしまうと冬本番まで乾燥肌で悩んでしまう原因にもなり得ます。

 

 

秋は冬本番までに強い肌作りをするための期間でもあります。

 

 

10月上旬頃まではまだまだ暑いので夏と変わらない

 

スキンケア方法でいいかと思います。

 

 

下旬頃からは、

 

パックを週2日くらいを目安に高保湿タイプのものを使用してみたり、

 

化粧水にオイルを混ぜたりして、その季節にゆっくりと順応していくような

 

スキンケアを心がけています。

 

 

美白ラインにしていたスキンケアを

 

保湿特化のラインに切り替えることもこの時期にしています。

 

 

以上が私のスキンケア方法です。

 

 

乾燥肌対策におけるスキンケアで、

 

こだわっている成分は代表的なものでいえば

 

「ヒアルロン酸」・「グリセリン」なんかは

 

聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

 

どちらも肌を保湿する上で、

 

とても大事な役割を果たしています。

 

 

乾燥肌以外の方も、

 

この二つは欠かせない成分です。

 

 

私はこの二つ以外に、

 

「アロエベラエキス」というアロエから抽出される成分や、

 

 

お肌に優しいオーガニック製品が好きなので、

 

植物からとれるエキスの入ったスキンケアを選ぶことが多いです。

 

 

スキンケアにかかる時間は25分〜30分程で、

 

こちらはパックをした際の時間になります。

 

 

だいたい20分程パックするように書いてあるものを使っていたので

 

こちらは色々な方それぞれのペースがあるかと思います。

 

 

肌が乾燥するのは手入れが行き届いていないから.

 

..なんて決して思うことはないと思います。

 

 

毎日付けていても何か違うと感じたり、

 

いつものスキンケアじゃ物足りないと感じてきたり。

 

 

何が自分に合っているのかなんて、

 

永遠の課題なのかもしれません。

 

 

ですが、どんなに小さくともさまざまなお肌のサインがあるはずです。

 

 

季節に合った乾燥肌対策で、

 

潤いたっぷりのお肌で過ごせたら気分も良いですよね!

 

冬を迎える前のこの機会に、

 

スキンケアをもう一度見直してみるのはいかがですか?

 

トップページに戻る